ウォーキングダイエットは、お金をかけずに出来るとして人気のダイエットです。

そのウォーキング中に飲む飲み物は、水やお茶だけではなく、他にもおすすめの飲み物があるのをご存知でしょうか?

今回は、ウォーキングダイエットにおすすめの飲み物ベスト5をご紹介したいと思います。

5位!スポーツドリンク

その名の通り、スポーツドリンクはスポーツをする時の水分補給に最適な飲み物です。

当然、ウォーキングダイエットにもおすすめできます。

ただし、スポーツドリンクの欠点は、糖質が水やお茶に比べて多い事です。

糖質は疲労回復効果があるのでウォーキングダイエット中の疲労回復に期待が出来ますが、あまりに飲みすぎるとダイエット効果が薄れてしまいます。

スポーツドリンクをウォーキングダイエット中に飲む時は、あまり大量に摂取するのは控えましょう。

4位!青汁

健康食品の青汁も、ウォーキングダイエット中に飲むのにおすすめの飲み物です。

青汁には脂肪燃焼効果を持つ栄養が含まれているので、ウォーキングダイエット中やウォーキングダイエット前に青汁を飲むと、よりダイエット効果が期待できます。

それだけではなく、青汁には食物繊維やビタミンなどの体に必要な栄養も豊富に含まれています。

水分だけではなく不足しがちな栄養も同時に補給できるので、ウォーキングダイエット中に飲むのにおすすめです。

3位!お茶

お茶に含まれているカフェインは脂肪燃焼を促す効果があるので、ウォーキングダイエット中に飲むのにおすすめの飲み物です。

また、青汁と同じように、ウォーキングダイエット前に飲んでも脂肪燃焼効果が期待できます。

ただし、同じカフェインが含まれた飲み物でも、コーヒー、特に缶コーヒーは砂糖が豊富に含まれているのでおすすめしません。

脂肪燃焼効果を期待してカフェインを摂取するなら、素直にお茶にしましょう。

2位!酵素ドリンク

酵素ドリンクには、青汁と同じように脂肪燃焼効果を持つ栄養が豊富に含まれています。

その為、ウォーキングダイエット中に飲むと、よりダイエット効果が期待できます。

また、飲み心地が良いのも酵素ドリンクの特徴です。

フルーツ味の美味しい酵素ドリンクが多いので、喉を潤いつつ味も楽しむことが出来ます。

酵素ドリンクはウォーキングダイエット中だけではなく、ウォーキング前に飲んでも脂肪燃焼効果を発揮するので、ウォーキング前やウォーキング中に酵素ドリンクをお供として持っていくのがおすすめです。

1位!水

普通の水でも、ミネラルウォーターでも、水はウォーキングダイエットにおすすめの飲み物です。

ウォーキングダイエット中に失われていく水分は、水ならば簡単に補給することが出来ます。

水はカロリーがないので、大量に摂取してもダイエット効果に影響が出ないのが強みになります。

酵素ドリンクや青汁のように脂肪燃焼効果などは期待が出来ませんが、ウォーキングダイエット中の水分に悩んだら、とりあえず水にしておくのが無難です。

ウォーキングダイエット中の飲み物におすすめなのは、スポーツドリンク、青汁、お茶、酵素ドリンク、水の5つです。

ウォーキングダイエットをしようと考えている人は、この記事を参考に、ダイエットのお供を選んでみるのはいかがでしょうか。

ダイエットには体を動かすことが一番努力をしてダイエットを行っていても、なかなか成果が出ないと悩んでいる人は多いでしょう。

さまざまなダイエット方法を試している人が多いでしょうが、一番効果的な方法はやはり、体をしっかり動かすことです。

体を動かすことにより、脂肪そのものが燃焼されていき、確実にダイエット効果に結び付いていくでしょう。

食べ物を減らす、食べ物自体を変えるという方法も、確かにダイエットとしては効果が表れますが、こうした努力は一時的になってしまうことが多く、やはり直接脂肪燃焼に結び付く運動はダイエットには欠かせない方法だと言えます。

ダイエットに最適なウォーキングでは、どのような方法で体を動かすことが重要なのでしょうか。

無理なく、体にも優しいウォーキングは、誰にでも続けやすく、さらにランニングよりも効果的に脂肪の燃焼を行うことができる場合があります。

自分が持っている体の能力を超えてしまいがちなランニングは、反対に体を痛めてしまう可能性があります。

無理なく毎日続けることができるウォーキングは、最も最適なダイエットに関する運動です。

ウォーキングダイエットを行う時間帯ウォーキングダイエットを行っている人は多いでしょうが、ウォーキングを行う時間帯に悩んだことはありませんか。

朝行うべきか、夜行うべきかで実は大きく状況は変わってきます。

朝にウォーキングを行うメリットは、眠っていた体を起こすためにはとても有効な方法です。

ダイエット効果だけではなく、体が気持ち良いと感じる時間帯にウォーキングを行うことができますので、癒やし効果も得ることができるでしょう。

しかし、朝は血液の流れが極端に低下していることもあります。

とくに冬場は血液がドロドロになっている可能性が高いため、無理に体を動かすことは良くありません。

高血圧や動脈硬化などがある人は、出来る限り朝のウォーキングは避けるように心がけましょう。

そして、夜のウォーキングですが、夜は最も効率的に脂肪の燃焼が期待できるとされています。

とくに夕食を摂取した2時間後では、エネルギーをウォーキングにより効率的に使うことができますので、同時に脂肪の燃焼も積極的に行うことができるようになります。

ただし、夜のウォーキングは睡眠を行う2時間前に終わらせておくことが重要です。

ウォーキングの疲れなどにより、眠りに付きにくい状況になってしまうことがありますので注意が必要になります。